自然免疫と獲得免疫の違い

自然免疫と獲得免疫

 

ウイルスが体内に侵入したときにまず起こるのが「自然免疫」です。
ウイルスが侵入したことを体に伝えるために、侵入された細胞は、
抗原と呼ばれる目印の様なものを表面に出します
すると周囲で見回りを行っている免疫細胞が抗原(目印)をキャッチして、すぐにその場所に集まり、
細胞ごと食べて破壊してしまうのです。
また、リンパ球はウイルス感染細胞に直接穴を開け、細胞そのものを倒してしまう役割を負っています。

 

このように、異物が侵入したときにとにかく排除しようとする仕組みが体内で働くのですが、
これを「自然免疫」と呼びます。
すなわち自然免疫は、体の防御機構の最前線ということになります。

 

 

それに対し、より高度な防御機構が「獲得機構」と呼ばれるものです。
自然免疫を司る細胞は、侵入者と戦いながら、実は援軍も呼んでいるんです。

 

自然免疫である細胞はリンパ球、ヘルパーT細胞に信号を送り応援を頼みます。
信号を受けたヘルパーT細胞は司令塔の役割を果たし、他の細胞に攻撃命令を出し、
侵入した病原体を破壊します。

 

このように、細菌や病原菌に感染した後に各細胞を動員して撃退する仕組みを獲得機構、と呼びます。

 

白血病の中には、このヘルパーT細胞やリンパ球の異状により引き起こされるものも存在しています。