抗がん剤には白血病細胞を減少させる効果がありますが、人体に強い副作用を伴ないます。

白血病の治療の副作用

 

電球

 

日本において、白血病は血液のガンとして認知されていますが、
近年は、飛躍的な医学の進歩によって、白血病の効果的な治療法が研究・開発されています。

 

通常、白血病を患ったら、まずは入院をして「抗がん剤治療」を行うのが一般的となっています。

 

しかし、この抗がん剤には、
白血病細胞を減少させる効果と共に「強い副作用を人体にもたらします。

 

白血病の治療費

 

 

抗がん剤の副作用

 

食欲不振・吐き気

白血病治療の副作用は、使用する抗がん剤の種類やタイプによっても異なりますが、
代表的な症状に「食欲不振が挙げられます。

 

抗がん剤を人体に投与すると強い吐き気を伴うことが多く、
これによって食欲が急激に減退していきます。

 

抗がん剤の投与によって吐き気を感じた場合は、
担当の医師に吐き気止めを投与して貰ったり、点滴などで体調を戻す措置が行われます。

 

 

 

発熱

また、白血病になると、免疫力が低下して、感染症による「発熱」が常に続くため、
その影響で食欲不振となってしまうケースも数多く見受けられます。

 

 

 

粘膜障害

また、抗がん剤の影響で「口腔と喉への刺激」を感じる事がありますが、
これは抗がん剤の副作用によって「粘膜障害」が起こるからだと考えられます。

 

そのため、抗がん剤の投与後には、
口の中や喉に口内炎が出来てヒリヒリと痛む事が多くなってきます。

 

 

 

下痢・便秘

また、白血病を治療するための抗がん剤を投与すると、
下痢」や「便秘」などを引き起こすことがあります。

 

これは、抗がん剤による化学療法が腸に影響を及ぼし、
腸内環境が乱れることによって起こると考えられています。

 

 

 

脱毛

さらに、抗がん剤による治療でもっとも患者がショックを受けやすい副作用が「脱毛」です。

 

抗がん剤を使用した化学療法では、使用される薬剤の強い副作用によって脱毛が起こり
髪の毛が全て抜け落ちてしまうケースが数多く見受けられます。

 

また、脱毛は髪の毛だけではなく、眉毛や陰毛など、
体中の毛が抜けていくため、精神的なショックを受ける人も少なくないのです。

 

そのため、治療中はバンダナや帽子、カツラやウィッグなどを着用する人が大半を占めます。

 

ただし、治療がすべて終了すれば、髪の毛や体毛はまた生えてくるので、
それほど気に病む必要は無いと言えます。