免疫機能は体を守ってくれる大切な機能

免疫は体を守る防御機構

 

私達の周りにはいろいろのものが無数に存在しています。
人間にとって必要なものから、中には有害になるものまで、その存在は数え切れないほどです。
そのため人間は有害物質や病原体など外敵から体を常に守りながら生きています。

 

病気を引き起こすウイルスや細菌体などの病原体はもちろんですが、
花粉、ほこりなどの空気中に漂うものも時に不利益になりますから、
このような有害なものが体内に侵入しないようし、身を守る仕組みのことを「免疫」といいます。
私達の体には、外敵が侵入できないよう、皮膚や粘膜などの防御機構(バリア)が備わっています。
このバリアは非常に強力にできており、
私達が意識していないところで多くの外敵をはねつけていてくれるのです。

 

ですが、ひとたび外敵がそのバリアを突破して侵入すると、体の中で増殖し悪さをしはじめ、
さまざまな症状を引き起こしてしまいます。
これを「感染症」と呼びます。
感染症になると体はは外敵の種類によっていろいろな方法を駆使し、対処を行います。

 

ウイルスと呼ばれる微生物は、自然界に無数に存在しており、よく聞くものですとインフルエンザ、
おたふくかぜ、水疱瘡などがあります。
最近では、ノロウイルスと呼ばれる胃腸炎を起こすウイルスもよく耳にするようになってきました。
白血病を引き起こすHTLV-1もウイルスと呼ばれるもののひとつです。

 

免疫は「人が生きていくうえでなくてはならない」ということが言えます。

 

>>2種類の免疫・自然免疫と獲得免疫とは?